FC2ブログ

ジュニア8月前期試合結果

8月前半に行なわれたジュニアチームの試合結果をお知らせいたします。

8月2日(土)、3日(日)U-12 アステラスJrカップサッカー大会(高萩市 赤浜サッカー場)
15分ハーフ
8月2日(土)予選リーグ
①vs松岡SSS 1-0  ②vs佐野SSS 0-0  ③vs平潟SSS 1-3
8月3日(日)順位トーナメント
①vs瀬崎SSS 0-0PK2-1  ②vs日和田SSS 0-2
24チーム中14位
コメント:なかなか得点には結びついてこなかったが、粘り強く守る事が出来ていた。失点の場面はほとんどが自分達のミスからの失点で、修正点は浮き球の処理を継続的にやっていく必要があります。大会形式で初のPK戦も経験できて良かったと思います。

8月14日(木)~17日(日)U-12 第1回全国ジュニアチャレンジサッカー選手権in静岡(静岡県 富士川緑地公園サッカー場)
8月14日(木)予選リーグ
①vs神戸 2-2  ②FM vsチベッタ花園 0-3
8月15日(金)予選リーグ
①vsあかつきA 0-5  ②vsMEISEIジュニア 10-0  ③FM vsJFC須坂 1-2
8月16日(土)下位トーナメント
①vsJFC須坂 3-1  ②vs熱海ジュニア 0-5  ③FM vsあかつきB 4-2
8月17日(日)順位決定戦
①vsチベッタ花園 4-0
16チーム中11位という結果でした。
コメント:静岡のチームはボールに喰らいついてくる姿勢がすごいと感じました。あきらめずチーム全体で盛り上げて、全員でサッカーをしているという感じでした。その中で7月からテーマにしているコントロールをどこに、どのように運ぶかによって、プレッシャーの早い相手の対応を確認しながら行いました。得点はコントロール、パスがしっかり出来てサイドのスペースがうまく使えた時によく取れていました。失点はやはり自分たちのミスからがほとんどで、そのミスをカバーできなかったり、マークのミスもありました。オフェンス面はだいぶ良くなってきたので、少しずつディフェンス面を強化していければと感じました。長い移動も含めて様々な経験をしてきました。最後に旅館のご主人にありがたいあいさつのお話をして頂きました。あ「明るく」、い「いきいきと」、さ「相手より先に」、つ「続けよう」常にこう言った積極的な姿勢をだしてくれればなと思います。

※初日に4月までジュニアに所属をしていた加藤けいし君が東京から応援に来てくれました。試合はさすがに出せないので終了後にミニゲームで久しぶりに仲間とサッカーをしました
CA390158.jpg
※富士山をバックに(8月にあまり頂上まで見える日は少ないらしいです
CA390161.jpg
スポンサーサイト



  1. 2008/08/21(木) 12:40:02|
  2. ジュニア試合結果

ジュニア 7月試合結果

久しぶりにブログをアップいたします。

7月に行なわれたジュニアチームの試合の結果をお知らせいたします。

7月13日(日)U-9 渡里親善サッカー大会 (うぐいすの里)
15分ハーフ
予選①vs新荘・常磐SSS 0-0  ②vs見川SSS 1-6  順位決定戦vs渡里SSS 7-1
FM vs中丸SSS 2-1
コメント:失点は全てカウンター。FMはボールへの執念と粘りで追加点を与えなかったのが良かった。

7月19日(土)U-9・12 TRMvs双葉台SSS (ホーリーピッチ)
15分ハーフ
U-12 ①1-0 ②0-4 ③3-1  U-9 ①4-0 ②7-2
コメント:U-12はミスが失点につながりやすく、奪い返す事が出来てなかった。切り替えが遅かった。  
U-9はテーマのコントロールでスペースへ持ち出す事が出来ていた。また、それに伴いパスも有効に使えていた。

7月20日(日)U-12 TRMvs舟石川SSS、高野SSS、成沢SSS(久慈川河川敷G)
15分ハーフ
①vs高野SSS 1-2 ②vs舟石川SSS 0-0 ③vs成沢SSS 4-1 ④vs高野SSS 4-1
コメント:慣れているポジションだけでなく、違うポジションも経験させながら臨みました。コントロールを意識して持ち出せる選手とやらずに囲まれる選手とまだまだ実践で自由に持ち出せない。サイドプレーヤーはかなりセンタリングを得点につなげることが出来た。

7月27日(日)U-9・12 TRMvsシラユリFC(神奈川)、上ノ原(東京) (波崎 ミンションヤマザキG)
U-12 20分ハーフ
①vsシラユリFCU-11 1-0 ②vs上ノ原U-11 6-1 ③20分1本vsシラユリFCU-12 0-2
U-9 20分ハーフ
①vs上ノ原U-10 5-1 ②15分1本vs上ノ原U-10スコアレス ③vsシラユリFCU-10 4-13
コメント:コントロールを持ち出そうと意識出来てきたが、応用がまだまだ利かないので、相手を観たり、フェイントを入れたりいくつかの選択肢の中で選べるともう少しプレーに幅もでてくるのではないだろうか。

7月28日(月)~30日(水)2008Jリーグ U-12フェスティバル(群馬県みなかみ町猿ヶ京温泉)
コメント:今回はジュニアチームはU-9クラスを対象に(スクール生は4,5,6年生対象)群馬県まで行ってまいりました。はじめは観たこともないスクール生に圧倒されバスの中ではおとなしくしておりました。宿舎はヴァンフォーレ甲府の選手達と同じで、部屋もランダムに混ぜることになりました。初日はレクリエーションにはじまり、夜も体育館で仲間作りをメインとした遊びを行いました。たまたま前日中止になった花火大会とも重なり疲れながらも花火も堪能できました。2日目は午前中はクワトロサッカー大会、午後は川遊び、夜はドッヂボールなど、前日の夜に降った雨でキャンプファイヤーは出来ませんでしたが、一日中サッカーを通じて集まった仲間が一緒に遊びました。最終日もクワトロサッカー大会を行ない、大きな怪我人もなく終了する事が出来ました。全体としての感想は、最終的に水戸の選手達が率先して周りを静かにさせたり、中心になっていました。100人を越すグループでよく出来ていたと思います。それがプレーにも現れてクワトロサッカー大会でもよい成績に繋がったのではないかと思います。ジュニアの選手は6名でしたが、それぞれに他のチームの選手達とコミュニケーションがとれたり、自分たちで行動できていたのではないかと・・・思います。これを機に大きく成長してくれればと思いました。

    
  1. 2008/08/08(金) 15:05:55|
  2. ジュニア試合結果

第32回 全日本少年サッカー大会 中央地区予選

第32回 全日本少年サッカー大会 中央地区予選
5月11日(日)
ルネサスグラウンド

第1試合 vs 新荘・常磐SSS  0(0-3/0-1)4
第2試合 vs 石川SSS  0(0-1/0-2)3
第3試合 vs 田彦SSS  1(1-0/0-0)0  得点者:長谷川

1勝2敗でグループリーグ敗退

小雨の中、初めての公式戦に挑みました。
第1試合、立ち上がり早々前半1分、中央からプレッシャーの甘くなった所をミドルシュートで失点。前半3分、相手シュートのこぼれ球を押し込まれ失点。前半14分ロスタイム中央から直接FKを決められ失点。立ち上がりの弱さが出てしまい相手の勢いに飲まれた前半でした。後半8分にも中央からミドルシュートを決められ追加点。後半はボールについていくこともできてきて相手ゴールまで近づくこともできてきた。

第2試合、前半5分CKから直接決められ失点。スピードにも慣れてきて我慢して後半に臨みましたが、後半3分にも失点。後半13分右サイドをドリブル突破され失点。だいぶ試合にも慣れてきて少しずつ自分達のやりたいことも出来ている。

第3試合、立ち上がりから勢いが違う。連戦の疲れも見せずボールを全員で奪いに行く事が出来て、チームとしてボールを持つ時間が長くなってきた。前半10分、左サイドを野田がドリブル突破、中央で待つ長谷川へセンタリング、ワンタッチでゴールへ流し込み記念すべき公式戦初ゴール!!その後も相手のDFラインを突破出来ていましたが、追加点には繋がらず試合終了。

総評
失点の時間帯が立ち上がりと終了間際に多く、ゲームへの入り方と集中力の持続も課題の一つ。せっかくゴール前には戻っているが、プレッシャーの甘さやセカンドボールに対する反応なども課題。また、判断スピードに関しても更なる発展が必要で、それに繋がる技術の向上、プレーの引出しをもう少し増やして行きたい。課題はたくさんありますが、これも公式戦で得られる財産として今後につなげていければと思います。雨の中サポートしていただきました保護者の皆様、大会関係者の皆様、ありがとうございました。
  1. 2008/05/12(月) 16:01:25|
  2. ジュニア試合結果

春休み

ジュニアチームの春休み中の試合結果をお知らせいたします。

3月26日(水)新U-11 神奈川遠征
20分1本

①vsバディ江東   0-5
②vsバディ世田谷  0-3
③vsバディ江東   0-2
④vsバディ世田谷  0-4
⑤vsバディ江東   0-1
⑥vsバディ世田谷  0-2

総評
変則的なゲームでしたが、東京のチームとできることはあまりなかったのでいい機会になりました。
コントロールやドリブル等相手の方が1枚上手でしたが、試合を重ねるごとに判断のスピードも速くなり失点はしていますが、戦えるようになってきて成果のある遠征になりました。
この日、昨年の7月の立ち上げの時からいる選手・加藤けいし君が引越しの関係で退団いたしました。新しいチームでも頑張って行こう!!また会おうね。


3月27日(木) U-8・U-10 vsスクール生

U-8
初めての試み、年度の終わりにスクール生とTRMを行ないました。
チームとして活動を始めようやく全員で戦う事が理解し始めたと思います。相手より先にボールを触る、相手からボールを奪う、ゴールを目指す。3月、パス&コントロールをテーマに行なってきましたが、要所でパスも使えるようになってきました。重要なのは相手に負けたくないという気持ちが出ていたことです。こういったことを続けていければと思います。

U-10
前日の試合で0点に抑えられ敗れたことで、かなりフラストレーションがたまっていたのが爆発しました。U-8と同じように3月はパスを中心にやってきたのでそれがゲームにも活きてきました。パスコースを増やす為に、クロスオーバーしたり様々な形でサポートができていました。自分達のペースで進める事ができて非常に良かったと思います。


4月4日(金)~6日(日)U-12クラス 茨城合宿
4日(金)
リーグ戦
①vs弥生SSS A(東京都足立区) 0-5
FM
前半vsclub F3(新潟県新潟市) 後半vsKF3(新潟県新潟市) 0-4 1-2

5日(土)
リーグ戦
②vsACADEMY(千葉県旭市) 1-3
③vsclub F3(新潟県新潟市) 1-10
④vsVIDA(東京都立川市) 1-1
FM
vs弥生SSS 前半Aチーム 後半Bチーム 0-1 0-0

6日(日)
順位決定戦
⑤vsclub F3 B 0-3
FM
vs波崎太田SSS B(茨城県波崎市) 1-0

総評
新メンバーも参加し19名で望みました。大会の形式は新5,6年生のカテゴリーで行なわれ、A・Bブロックに分かれ5チームリーグと順位決定戦を行ないました。結果は8位。この結果は特に気にしていません。重要なのは選手達全員が大会の雰囲気とU-12のカテゴリーで試合ができたことです。
FM(フレンドリーマッチ)を含め、相手によってメンバーをしましたが、特にvsVIDA、波崎太田の2チームは決勝戦まで進んだチームですので、FMとはいえ粘り強い戦いができたことは自信にも繋がると思います。次の試合に向けて課題も見えてきたので徹底的にやっていきたいと思います。
遠い所、応援に来てくださったご家族のみなさまありがとうございました。また選手の合宿参加にご協力いただきありがとうございます。今後ともよろしくお願い致します。
CA390040.jpg

CA390042.jpg


写真1 朝の散歩風景・・・このまま海まで・・・
写真2 最終日

ジュニア監督 榊原
  1. 2008/04/07(月) 16:48:35|
  2. ジュニア試合結果

ジュニアTRM結果

2月10日(日)
場所:三和町営グランド・古河市立八俣小学校

U-10 15分ハーフ

①vs前橋エコー 0(0-1)4  ②vsYKSC 0(0-0)  ③vsアズーSC 2(0-2)2
④vs八千代町sss 0(0-1)1  ⑤vs三和クリアンサス 1(0-3)4

※( )内は前半のスコア

総評
前日の降雪によりグランドは良くありませんでしたが、グランド整備を重ねていただき、午後にはだいぶ蹴れる状態まで回復しました。ご尽力に感謝いたします。
1日に5試合とハードな内容です。選手自身も相当体力的につらかったとは思いますが、みんなで協力して乗り越える事ができました。ポジションもほとんど自分たちで決める形にして、希望のポジションをなるべくやるようにしました。U-8の選手も交代しながらの出場でしたが、上の学年の試合ですが奮闘しておりました。U-10の選手に関しては、U-8のカバーをするのもそうですが、疲れているところでもう少し戦う姿勢を強く見せて欲しかったなと思います。失点に関してはミスが重なってる事が多く、個人がミスというのもありますが、チームとしてミスが目立った所を狙われてしまったのではないかなと思います。


2月11日(月・祝)
場所:渡里小学校

U-8 15分ハーフ
vs渡里sss ①4(2-3)3  ②3(1-0)1

U-10 15分ハーフ
vs渡里sss ①1(1-0)0  ②3(1-0)2

※( )内は前半のスコア

総評
U-8は久しぶりの広いコートでの試合でした。1試合目の前半は硬さが観られてなかなか思うようにプレーできていませんでした。しかし、時間がたつにつれ徐々に慣れていき、いきなり3失点をしましたが、前半の内に2点返すことができ、結果的には逆転できました。2試合目はパスも使うようになってゴールに近づける回数も増えていきました。後半はキックをどうやったら強く蹴れるのか?を考えてもらい、前半よりも更にシュートを強く打てるようになりました。ドリブルに関しても前に前にという気持ちが出ていて良かったと思います。
U-10は前日の疲れも残る中、1試合目からしっかり崩していこうという形がみられました。ただゴールに近づきますがシュートが打てない状況が続き決定力不足が響きました。2試合目に関してもイージーミスで失点していますが、そこは修正できる点なのでしっかりやっていきたい。相手が引いてるときに中央からだけでなくサイドを崩してセンタリングなどのバリエーションも増やしていきたいです。

ジュニア 榊原
  1. 2008/02/12(火) 14:58:54|
  2. ジュニア試合結果